ペットを放し飼いに出来る庭が理想

私が以前住んでいた家では今よりも庭が広かったのですが、ペットを放し飼いにはできませんでした。
やはりペットが外へ逃げていかないための、フェンスなどを作っていなかったからです。

当時、私の家ではうさぎを飼っていました。
うさぎは本来、野山を駆け回る動物ですし、走るのがとても速いです。

なので、一度逃げてしまうと、追いかけるのがとても大変です。
いつもうさぎ小屋に入れておくのは可哀想だと思い、一度庭に放して見た事がありました。

するとうさぎは生き生きとした表情で庭を走り回りました。
そこまでは良かったのですが、すぐに庭の外へ行きそうになり、慌ててうさぎを捕まえる羽目になりました。

フェンスを作る予定もなかったですし、うさぎのためだけにそれを作る予定もありませんでした。
なので、結局庭にうさぎを放したのはその時1回だけでした。

今のペットのうさぎは家の中で飼っているのがほとんどですし、うさんぽも家の中が主流のようです。
中には犬のようにリードを付けて、外を散歩させている人がいるのかもしれません。

ですが、今のところ、そういう光景を見たことはありません。
うさぎはせっかく速く走れる立派な後ろ足があるのに、狭い場所に閉じ込めておくのは可哀想な気がしています。

今後、うさぎを飼うことは無いと思いますが、もし何らかのペットを飼うのであれば、庭から逃げないように対策をしたいと思います。 
フェンスが低いと、あっという間に超えていってしまいそうです。
それは犬や猫も同じことだと思います。

たまに飼い猫を外で見かけることはありますが、犬がそういう状態だと驚いてしまいます。
うさぎやその他のペットも同様です。

できるだけペットに快適な空間で過ごしてもらえるように、庭を作って行くのは大賛成です。
今後、一戸建てでそういう家がたくさん登場することを期待しています。

庭がかなり広ければ、ペットだけではなく、子供たちも十分に走り回ることができ、丈夫に成長してくれるでしょう。